季節は夏から秋に変わり、いよいよ薪ストーブの準備の季節になりました。

ストーブ本体や煙突のメンテナンス・掃除・手入れはお済みになりましたか?

と同時にストーブの燃料である薪もまた大変重要なことです。

薪の心得として是非ご精読をお願い致します。

    F i r e w o o d    ・                                

ヌナーウーニ暖炉は、同じサイズのタイルやセラミックス暖炉よりずーと高い能率的な方法で熱を蓄え、 部屋へ放熱致します。 それは、頻繁に暖炉を加熱することで暖炉の熱出力が増加できる原理だからです。

そのためヌナーウーニ暖炉は、乾いた未処理の薪を燃やすようにデザインされています。木の乾燥状態と同時に木から得られる熱エネルギーに比べれば、木の種類は重要なことではありません。

  + 薪は水分含有量が20%以下を使用すること。

  + 薪は少なくとも1年以上自然乾燥したも ので、  使用数日  前 には家屋に搬入すること。

参考資料  (Nunnauuni data – “Fuel to be used” より抜粋転載)

薪のエネルギー量

  薪の熱量(kWh/kg)は木の種類とは関係なく全く同様に一定います

樹 種(wood species) 熱 量(kWh/kg) 密度・比重(kg/p-m3) エネルギー量(kWh/p-m3)

          Maple     カエデ     4.1                                     520 – 532                                2132

        Birch        カンバ                    4.3                                     513                                           2206

         Beech        ブナノキ    4.0                                    578 – 584                                2321 – 2336

         Oak            カシ      4.2                                    577                                           2423

        Alder           カバノキ    4.1                                     447                                           1833

      Ash            トネリコ                 4.2                                    568                                           2386

      Spruce           トウヒ       4,5                                     403                                          1814

      Pine                マツ      4.4                                    418 – 430                                1839 – 1892

     Larch             カラマツ    4.4                                     457 – 463                                2011 – 2037

    Poplar             ポプラ     4.1                                     347                                           1423

    Silver fir         モミノキ     4.5                                    403                                           1814

 

 

* 加熱時に於ける水分の影響  

           水分蒸発を通してエネルギー損失を防ぐには、加熱する時には必ず乾燥した薪使用だけが唯一の最善の方法                高温燃焼と効率的な燃焼維持及び低燃焼ガスのレベルを保持できます。

 

/ 赤線 / Wood older than a year, after 2 days inside

                    1年以上乾燥し、2日前に室内に搬入した薪

/   青線  /  Wood older than a year, in a shelter outside

                     1年以上乾燥し、屋外の保管場所にある薪

/ 黒線  /  Newly sawn timber

                     切立ての生木

 

 

 

コメントを残す